H30小松小学校日記

5年生 大島青松園訪問学習会①

5年生は、香川県の国立療養所大島青松園へ向けて出発しました。

10時30分現在、高松港に着き、お弁当を食べています。

これからフェリーに乗り、大島へ渡ります。

3年生 体育の時間

★★★ ハードルにチャレンジ!! ★★★
3年生は、体育の時間にハードルにチャレンジしました。ミニハードルを規則正しく並べ、歩調を合わせて走りました。ハードルにチャレンジしたのは、3年生になって初めてです。子どもたちは、練習のたびに上達していきました。
★3年生の皆さん、また新しい運動にチャレンジしていきましょう。
  

5年生 伝え合うために~よりよく「聴く」ためのお願い~(難聴理解の授業)

10月30日(火)6時間目5年2組

10月31日(水)3時間目5年1組で

難聴理解の授業(高学年バージョン)を行いました。

 いろいろな体験(補聴器、聖徳太子ゲーム、口パクゲーム)を通して

よりよく「聴く」ための「4つのお願い」を考えました。

 

1つ目は、補聴器が聞きたくない音も大きくしてしまうことから

 「授業中は静かにします」

2つ目は、同時に話されると全部は聞き取れないことから

 「話す時は一人ずつ話します」

3つ目は、口が見えないと言葉が分からないことから

 「口が見えるように前から話します」

4つ目は、口の形が同じだと分かりにくいことから

 「話の最初にヒントを言います」

を自分たちで考えました。

最後に 

「一人一人が自分のできることをしていこう

 ぼくのような聞こえにくい人が暮らしやすい社会は

 みんなにとっても暮らしやすい社会になるよ」

という聞こえにくいプーさんからのメッセージをもらいました。

5年生の保護者も何名か来てくださいました。

保護者の感想を一部紹介します。

〇普段体験出来ない事をして、子供達、私達にも良い経験になったと思います。家に帰ったら、家族でも今日習った4つのお願いを話したいと思います。

〇体験してみて、音がとても大きく聞こえました。相手の事を考え、思いやりのある行動で色々な個性の方が生活しやすくなるといいなぁと思いました。

〇初めて補聴器体験をしました。小さな音や声でも、すごく大きく聞こえてビックリしました。子供の身近には、耳の不自由な人がいないので、この授業で勉強できて、良い経験になったと思います。そして、耳の不自由な方へ気配りができる子になってほしいと願っています。

〇いろいろな音がある中で話しかける時などは、4つのお願いを参考にして話しかけたいと思った。

お忙しい中、授業参観及び感想、ありがとうございました!

5年生のみなさん、

今日の学習を活かして、ますます素敵な小松小学校になることを期待しています!!

3年生 ダスキン工場の見学

★★★ ダスキン工場に行ったよ!! ★★★
10月30日(火)、ダスキン工場に見学に行きました。工場に着くと、従業員の方々が快く出迎えてくださいました。その後、マットやモップを洗浄する過程を見学しました。各場所で、質問もしました。見学を通して、ダスキンさんは、物を大切にする工場だということがよく分かりました。
★ダスキン工場の皆さん、ありがとうございます。
  
  

校長訓話

 本日(10/29)の9:55~校長訓話がありました。子どもたちは、校長先生のお話を真剣に聞いていました。「掃除を一生懸命していること、トイレのスリッパを丁寧に揃えていること、小松小学校の素晴らしさが、よくわかります。また、あいさつもだんだんとよくなっていること、この3つを今後もがんばりましょう。」というお話でした。